コンパクトカーが人気の理由を徹底解説!

コンパクトカーが近年人気のある理由を解説!

コンパクトカーが近年人気のある理由を解説!自動車にも様々な種類がありますが、コンパクトカーもとても人気があります。
なぜこの車が選ばれているのかについては、まず車両本体が安いということがあげられます。
自動車は購入後も維持費が必要になりますが、コンパクトカーは税金も安く、燃費が良く維持費が安く済むことも人気の理由といえます。
自動車を選ぶときは安全性も重視したいところですが、コンパクトカーは低価格でありながらも性能に優れたものが多く、安全性にも優れています。
さらに、車高が高いタイプも増えており、前方視界も広くとれるので運転がしやすく、室内でも圧迫感が少ないというメリットもあります。
車体がコンパクトということもあり、狭い道路でも走りやすく、駐車場にも入れやすいなども選ばれる理由です。

コンパクトカーが日本で人気を集めている理由

コンパクトカーが日本で人気を集めている理由日本では、コンパクトカーが大人気です。
海外ではあまり売れ筋ではありませんが、日本ではセダンなどを抜いて最も人気があります。
それだけ多くの人がコンパクトカーを支持している理由は、経済性でしょう。
新車で購入するときの価格は、国産車なら100万円台の前半から購入可能です。
ハイグレードの車種でも200万円台の前半なので、若者やファミリー層でも購入しやすいメリットがあります。
また購入時だけではなく維持費が安いのも人気の理由で、ガソリン代は安いです。
タイヤのサイズも小型で排気量が少ないためエンジンオイルも少なく、消耗品や交換パーツも抑えられる特長があります。
ボディサイズが小さく運転しやすいのも、コンパクトカーならではのメリットです。
日本の道路は欧米とは違い狭く都市部の住宅街は特に道幅も狭いですから、車のサイズが大きいと運転がしにくくなります。
また駐車場も狭く余裕がありませんから、コンパクトカーなら車を停めるときも苦労がありません。
このように日本でコンパクトカーが人気を集めているのは、経済性と運転のしやすさに理由があります。
特に若い世代やファミリー層には人気で、セカンドカーとしても支持されています。

街乗りメインに適したコンパクトカーの特徴

車の主な用途が街乗りの場合、どのようなコンパクトカーを選択するのが良いのでしょう。
街乗りがメインですとストップ&ゴーのシーンが多いため、燃費性能を重視した選び方が良いかもしれません。
アイドリングストップ機能の搭載車や、ハイブリッドタイプですとガソリンを節約しやすいですし、信号待ちの際にもエンジンが停止することで静かに乗ることができます。
小回りがきくコンパクトカーもおすすめと言えます。
最小回転半径の数値が大きい車種ですと、小回りが不得意なため狭い場所は切り返しが必要になりやすいです。
また、駐車の際にも苦労が伴いがちで、特に運転が苦手な人は注意が必要でしょう。
小回りは運転のしやすさを左右する要素ですので、注目してみて損はありません。
視認性の良し悪しを考えることも大切です。
見切りが悪いと扱いづらさに繋がりますし、デザインによっては横断歩道を渡っている歩行者が見えにくくなる危険性もあります。
自身にとって扱いやすい車なのか、実際に乗ってみた上で判断することが推奨されます。

コンパクトカーは燃費性能が優れたものが多い

コンパクトカーの魅力の一つとして燃費性能の良さがあげられます。
もちろん、車種によって異なるのですべての車種が燃費がいいというわけではありませんが、全体的な傾向として良好と言えるでしょう。
燃費性能というと軽自動車が優れていると思われがちですが、実はそれよりも排気量が多いコンパクトカーの方が良いことも少なくありません。
軽自動車は限られた排気量でギリギリの重量を動かすため効率が悪く、排気量が小さくても燃費が思ったよりも良くないということがあります。
それに対してコンパクトカーは、車体に対してちょうどいいバランスの排気量のエンジンが積まれているので、効率が良く燃費も優れていることが多いのです。
更にメーカー側もコンパクトカーを購入する層が燃費を意識する人が多いことを理解して、少しでも低燃費を実現できるように車を作っているため、他のボディタイプの車と比べても少ない燃料で多く走れるものばかりとなっています。

コンパクトカーの車種選びで困った時の選び方

車のボディタイプのなかでもひときわ人気が高いのが、コンパクトカーです。
扱いやすさに魅力があるサイズで、なおかつ価格もお手頃な車種が多いことで幅広い世代から選ばれています。
ただ車種が多いために選択に迷ってしまうケースも少なくありません。
選び方のポイントに、自身の用途にマッチするのか考えてみると良いでしょう。
例えば通勤のために燃費の良い車に乗りたい、アウトドアを楽しめる荷物の積みやすい車が良いなど、何を求めるのかを整理した上で選択することが大切です。
十分な安全装備が備わっているかどうかもチェックポイントです。
新しい車の多くには、安全性を高めるための機能が備わっていますが、メーカーによって内容に差異がありますし性能面でも違いがあります。
機能性や評判を確かめながら、安全に乗れる車なのかを判断するのもひとつのポイントです。
運転のしやすさもよく確かめてみましましょう。
コンパクトカーは基本的に乗りやすい車ですが、小回りや見切りの良し悪し、ドライビングポジションへの収まり具合などに違いがあります。
実際に試乗をしてみてこそ分かることもあるため、まずは一度乗ってみた上でフィーリングを判断することが推奨されます。

シングル世帯ならコンパクトカーで十分なことが多い

シングル世帯は生活をシンプルにできて、小回りが利きやすいのが強みでありメリットだといえるのではないでしょうか。
車に関してもファミリーカーのような大きさのものは不要ですし、日常生活の足に使う程度ならコンパクトカーで十分です。
大きめは確かに荷物が多い時などに便利ですが、そもそも燃費が比較的良くありませんし、駐車のしにくさもあるので用途に合わないと微妙です。
コンパクトカーは無駄がなくて日常的な買い物、外出には十分ですし、狭い道や曲がりにくいところもスイスイと通ることができます。
駐車スペースを選びにくいこと、大型な車種と比べて税金が安くなるのも魅力です。
シングル世帯なのにコンパクトカーを検討しないのは勿体ないですし、選択して活用すれば様々なメリットが実感できるはずです。
居住性や収納スペースを除けば、コンパクトカーに大きな欠点はありませんから、価格の安さもあって選びやすく、有力な選択肢となるのではないでしょうか。

気になるコンパクトカーの安全性能について

コンパクトカーに興味はあるけれども、安全性能はどうなのかと心配している人も多いものです。
それでは実際にコンパクトカーの安全性能のはどの程度なのかと言えば、単体で見れば決して悪いものではありません。
技術の進歩によって昔の車と比較をすると、安全装備が充実していて万が一事故が起こってしまったとしても、乗員を保護する機構が満載なので、コンパクトカーだからといって侮れるものではないのです。
しかし、相対的に見た場合だとより安全性の高い車と比較をすると劣ってしまうのも否めません。
コンパクトカーは文字通りサイズがコンパクトであるため、その分だけ事故があった時に潰れる場所が少なくなってしまいます。
クッションとなる部分が少なくなりますから、大型セダンのように前後に衝撃を吸収する余地の多い車と比べれば、安全性は劣ることになります。
また、重量が軽い分重い車と事故になったときのダメージというのも、大きなものになってしまいます。

コンパクトカーのスライドドアが人気の理由

コンパクトカーでスライドドアが人気な理由は、その利便性と実用性にあります。
スライドドアは、横に滑るようにして開閉するドアのことです。
このタイプのドアは、狭い駐車スペースでも開閉しやすいという大きな利点があります。
通常のドアのように外側に開く必要がないため隣の車や壁にぶつかる心配が少なく、特に都市部の狭い駐車場での利用に適しています。
また開口部が広く、乗り降りがしやすいという特徴もあります。
これは、子供や高齢者がいる家庭にとって特に便利です。
子供のチャイルドシートの取り付けや高齢者の乗り降りの際により多くのスペースが確保できるため、使い勝手が良いのです。
さらに、コンパクトカーは安全性の面でもメリットがあります。
風が強い日にドアが風にあおられて急に閉まることが少なく、ドアを開けたままの状態での安全性が高まります。
これは、子供がいる家庭では特に重要なポイントです。
内部のスペースを広く使えるようにするため、乗客や荷物の積み降ろしを容易にします。
大きな荷物やスポーツ用品を車内に積む際、広い開口部が役立つでしょう。

近隣地域の交通事情を考えるならコンパクトカーを選ぼう

やっとのことで運転免許を取得した方は、これから早速車を購入しようと考えているのではないでしょうか。
車を入手すれば移動範囲が格段に広くなりますし、生活の質も相当良くなります。
通勤や通学、買い物に旅行、ドライブなど、色々な場所へ簡単に足を運べるようになるでしょう。
この時にどのタイプの車を購入しようか、きっと頭を悩ませるかもしれません。
セダンにハッチバック、クーペにSUV、軽自動車など車の種類も実に様々なので、かなり迷ってしまうはずです。
そこでおすすめの車種がコンパクトカーです。
コンパクトカーを購入すると、毎日の生活に非常に便利です。
一車線の道路でも簡単に走れますし、車幅がそれほどないので、駐車する時も本当に楽です。
また住んでいる地域の交通事情によっては道路が相当狭いはずですが、コンパクトカーだとスイスイ走ることが可能です。
運転初心者にとって非常にありがたい一台ですし、価格も意外と手頃なので、是非購入を検討してみてください。

コンパクトカーの輸入車は値段が高い理由とは

コンパクトカーの輸入した車が高価である理由はいくつかの要因に起因しています。
これらの要因は、車の仕様、税金、輸送コストなどに関連しているのです。
まずコンパクトカーの輸入価格は、車の仕様や装備に大きく影響されます。
高級な内装や最新のテクノロジーを搭載した車は、製造コストが高くそれが価格に反映されます。
車のブランドやメーカーも価格に大きな影響を与えます。
一流メーカーのカーは、一般的に高価格帯に位置しているわけです。
さらに、輸入車には関税や税金がかかります。
各国の税制によって異なりますが、輸入車には輸入関税や付加価値税などが課せられ、これらの税金が価格を押し上げる要因となります。
また、燃料効率や排ガス規制などの環境基準に合わせて車を改良するためのコストも考慮されます。
さらに、輸送コストも高額です。
コンパクトカーは輸送の際に大量に積めるため、コンパクトカーを輸送するための専用コンテナや輸送船を利用する場合でも、輸送コストが高騰します。
これらの輸送コストは、最終的な価格に影響を及ぼすのです。
最後にディーラーや輸入業者の利益も価格に影響を与え彼らは車の輸入や販売に関連するコストや利益を考慮し、価格を設定します。
アフターサービスや保証にかかる費用も価格に含まれます。

コンパクトカーと電気自動車を比較するポイントとは

地球環境にやさしい自動車を選ぶために、コンパクトカーと電気自動車を比較することも多いものです。
見た目にはガソリンを一切使用しない電気自動車の方が地球環境に優しいと感じることも多いのですが、視野を広げていくと電気も様々な自然エネルギーを活用して生み出しているものであるため、必ずしも地球環境に優しいとは言い切れない実態があります。
コンパクトカーはガソリンの消費量を減らすことができるため、直接的にその効果を実感することができるのがメリットです。
直消費量は少なくても温室効果ガスを発生すると言う問題があり、必ずしも優れていると言えるものではありません。
どちらにも様々なデメリットがあることを十分に認識した上で、最終的には自らの用途やメリットを十分に意識して選ぶことが良い方法となります。
基本的には自動車は使用しないのが最も良い方法ですが、様々な事情により利用せざるをえないと言うことも少なくありません。
その影響を極力減らすためには、自分自身の使い方を意識することが大切です。

全世代におすすめできる車はコンパクトカー

国内外にある多くの自動車メーカーは、世の中のドライバーのために色々な車を用意しています。
セダンやSUV、クーペにハッチバック、ステーションワゴンなど実に様々です。
その上で運転を支援する技術や衝突防止システムなんかを提供していますし、車はもはや人々の暮らしに欠かせないアイテムの一つなのは間違いありません。
そんな車の中でも、全世代におすすめできるのがコンパクトカーです。
コンパクトカーは程良い車幅なのですごく運転がしやすいですし、狭い道でも安心して進むことができます。
駐車する際も車体をこする心配も少ないですし、立体駐車場でも安心して停めることが可能です。
しかもコンパクトカーだと排気量も抑えられているケースがほとんどなので、その分税金やガソリン代などの維持費も安く済ませることができます。
そしてサイズがコンパクトな割に車内の広さがしっかりと確保されているため、同乗者が何人もゆったりと座れるのも嬉しいポイントです。
購入する価値は非常に高いと言えます。

おすすめリンク

羽村 コンパクトカー 中古

-->