コンパクトカーが人気の理由を徹底解説!

コンパクトカーは燃費がいい

コンパクトカーは燃費がいい コンパクトカーは車重が軽い為に燃費がいいことが特徴です。
車種によりますがアンダー1000キログラムの場合も多く、中には700キログラム程の乾燥重量の場合だってあります。
コンパクトなのは外観だけではなく、様々な工夫をすることで車体も軽くなっているのです。
コンパクトカーが経済的なのは以前からですが、現在はサスペンションの進化やタイヤの進化に伴い、効率が良くなり燃料の消費が少なく航続距離が長くなっています。
またエンジンを電子制御で最適化したり、二酸化炭素削減の為にアイドリングストップなどの機構を組み込んであることも低燃費に繋がっていると言われているのです。
さらにハイブリッド化が進んでおり、電気モーターと併用することで省電力やガソリンのリッター当たりの航続距離が伸びていると言う背景があります。
今後は燃料ではなく水素や電気自動車にシフトして来ると予想が立てられており、さらに効率の良い車が誕生することが世界的に望まれております。

コンパクトカーは小回りがきくのでおすすめ

コンパクトカーは小回りがきくのでおすすめ コンパクトカーは軽自動車よりも大きく、普通乗用車よりも小さいサイズで小回りがきくので日本の住宅事情にマッチしている車としておすすめです。
実際に国内メーカーで取り扱いされているコンパクトカーには、トヨタならヴィッツやアクア、日産ならマーチやキューブ、Hondaはフィットやシャトルといった車種が該当し、近年人気が高くなってきていることもあり様々なメーカーより販売されるようになっています。
実際にコンパクトカーを利用するメリットは、普通車よりも小さい特徴から前輪と後輪の幅が広くない車種の場合は、最小回転半径が5m未満となるので非常に小回りが利きます。
日本の住宅街は狭い道も少なくないため、比較的楽に運転することが出来ますし、省スペースの駐車場であっても注射が簡単に行える点が挙げられます。
車体は小さめに設計されていますが、軽自動車と比較してもエンジン性能が高く燃費性が良いこともメリットの一つとなっています。

-->