コンパクトカーも車高が高い

コンパクトカーも車高が高い

コンパクトカーも車高が高い 以前は自動車と言えば圧倒的にセダンが主流として道路を走行している車種が多かった時代がありますが、現在ではコンパクトカーやミニバンタイプなどが人気が高まっていることは実情です。コンパクトカーという名称から、小さくて狭いという印象を持つ方もいますが、実際にはゆとりのある運転席で、後部席も余裕を持たせている車種が多く、同時に車高を高くすることで背の高い人でも快適に乗車することができます。
ルーフが高い位置にあることから、車体全体が高いということではなく、低床に設計されている車種が多いので重心もしっかりと安定させていることも特徴です。コンパクトカーは社内の居住性が優れていることだけではなく、新車価格も安めに設定しており、尚且つ排気量も2リッター未満の斜視が圧倒的に多いので、自動車税や重量税が安いことも魅力ではないでしょうか。
維持費の面でも高燃費を実現しているので、車高が高いコンパクトカーのメリットは沢山感じることができます。

コンパクトカーやミニバンにはどんな特徴があるのかを知る

コンパクトカーやミニバンにはどんな特徴があるのかを知る 自動車を購入するときには、どんなタイプの車を選べばよいのかでも悩むところです。
コンパクトカーも人気がありますが、具体的にはどんな車なのかをよく知らないという人もいるのではないでしょうか。小さい車というイメージがありますが、軽自動車ではなく普通車を指しています。軽自動車のような厳格な決まりはありませんが、一般的には全長が4.7m以下で排気量が2000㏄以下のものを指すことが多くなっています。コンパクトカーを選ぶメリットとしては、車両本体価格が比較的安いことや税金の安さ、燃費の良さなどがあげられます。
サイズが小さめの普通車ではミニバンも人気があります。
この車は日本国内ではワンボックスタイプの3列シートを指すことが多くなっています。車体が大きくてもミニバンと呼ばれていますが、これはアメリカの基準のバンに比べて車体がコンパクトであることがあげられます。6~8人の乗車が可能で、室内も広く荷物がたくさん積めることもあり、レジャーにも活躍してくれます。

母親の車選びをさせられており車高の高いコンパクトカーが希望なので、 レクサスUX,ボルボXC40,アウディQ2あたりかなと思っているが、 車に全く興味無いオバチャンが乗るのは何やかんやレクサスが正解な気がする。

-->